WiMAX2のキャッシュバックキャンペーン

WiMAX2のキャッシュバックキャンペーンの注意点

Just another WordPress site

スマートフォンをWiMAX2で運用するメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

スマートフォンをWiMAX2で使ってみよう

スマートフォンは、3G/LTEで通信をすることができるので、電波がある場所なら、どこででもネットサーフィンを楽しんだり、アプリをダウンロードしたり、動画を鑑賞したりすることができます。
 
ですが、3G通信では速度がでなかったり、LTEでも場所によっては低速でストレスになったりします。
 
また、最近では毎月のパケット使用量が上限7GBに設定されている事が多く、大容量のアプリを大量にダウンロードしたり、動画を連続で鑑賞したりすると、7GBに達してしまい、速度を制限されてしまうこともあります。
 
そこで、使いたいのがモバイルルーターのWiMAX2です。
 

WiMAX2を使うメリット

スマートフォンでネットを見たり、アプリをダウンロードするなら、Wi-FiルーターのWiMAX2を使うのがオススメです。
 
WiMAX2の通信速度は下り最大40Mbps、上り上り最大15.4Mbpsと3GやLTE通信よりも高速なので、ストレス無くネットの閲覧をしたり、アプリをダウンロード、動画の鑑賞などをすることができます。
 
スマホのように7GBの通信制限がなく、無制限で気にすること無く使うことができるのも大きなメリットです。
 
料金の面でも、スマホのパケット通信の契約を2段階制や従量課金制にして、通信する事はWiMAX2のみにしてしまえば、UQ WiMAX2のUQ Flat年間パスポートの3,880円にパケット代を抑えることもできます。
 

WiMAX2を使うデメリット

WiMAX2にも多少のデメリットはあります。
 
まず、WiMAX2は利用できるエリアがdocomo、au、SoftBankなどの3GやLTEよりも範囲が狭く、地方に行くと電波が入らない場合があります。
 
また、Wi-Fiルーターなので電源を入れないとネットに接続できませんし、バッテリーが切れてしまったら使えないというのもデメリットになります。これはスマホも同じ事ですが(笑)

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る